<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

システム関係の細かい変更点等

(訂正)■避けキャンセル投げ抜けの所ですけど、DM(失敗避け)の後G押しながらキャンセル行動(66等)しても避けキャンセルにならないですね。
失礼しました。


たまには更新を・・・

■Rと無印のシステム関係の細かい変更点
・ジャスト受身可能なタイミングのコンボでもバウンド補正を受ける。
(受身が早すぎた時のダメアップがあるかは不明)
・うつ伏せ状態で浮いた時も着地間際の浮き直しが適用される様になった。
・うつ伏せ状態で浮いた時もジャスト受身のみ可能なタイミングのコンボがある。
・壁よろけ時無印だとよろけ中しばらくしゃがみ状態だったが、Rだとよろけ中は、立ち状態っぽい。
(壁よろけ→2_5K壁貼り付け等が出来るのはそのせいかなと)
・多分壁やられからガードのみ可能な時間が、短くなってる。

■避けキャンセル投げ抜け
この間のアルカディアに載っていた避けキャンセル投げ抜け
多分あれは、避けキャンG+簡易抜け(ゆとり抜け)の事だと思うんですが、
G押しっぱなしからP押しじゃないと簡易抜けって出来ないんですかね?

アルカだと①DM→②66等でキャンセル③G→④G押しっぱでP入力
で、「Pのタイミングしだいで技が出ちゃうんで実戦投入が難しい」みたいな話だったと思うんですが、
P+GやP等を押しっぱなしにしておくとボタンを押してないのと同じ扱いになるようなので
①開幕始まる前からP押しっぱなし→②P押したままDM→③P押したまま66等でキャンセル→④P押したままG
①2_3P+Kガードされる→②2_3P+Kの硬直中に先行入力がきくより前にP+Gだけ押して押しっぱなし→③P+G押したままDM→④66等でキャンセル→⑤G押したままPを離してすぐ押しなおす
↑みたいな事が、出来るかな~とか思ってたんですけど、やっぱり無理かなー・・・

■敵壁背後時に46P+GからPor2_5K
・相手が単なる立ちGの場合Pが側面ヒット、そのまま壁に当たれば壁よろけになる。
壁との距離によってPP、PPP、PK等切り替える。
連続技の最後の技が側面で壁に当たれば壁よろけ。
・2_5Kは、46P+Gから避けられる事はない。
単なる立ちGの場合正面ガードになるか側面ガードになるかは、不明。
・2_5Kは正面G時に屈伸が可能な様なので多分-5F以下、
ダメージ25なので側面ガード時+5Fされるとすると五分もしくは、+になると思われます。
・五分状況だと3P+Kが12FのPに負けずに最速避けも出ないので使えそう。
(有利だったら避けられちゃいますが)

ネタ
・空中コンボ6KP4K→半回転ふっとび時にダッシュ44P→背後2K・背後2P+KP+G等で受身攻め多分可能。
・466P+Kを相手の起き蹴りにめり込ませて潰すと側面崩れが狙える。
但し起き蹴りを出してないと突き抜けて背後向きで不利な状況になる。
・青パイの書いてた46P+K>3PP6Pをある程度壁に近い位置から入れるとすぐに壁コンボにもっていける(46P+K>3PP6P→壁>6P+KP等)
真後ろ壁のステージだと凄い使える。
[PR]
by mpai | 2008-10-30 01:54 | R情報